千葉の地酒モニター事例発表

第三回モニター酒 「木戸泉純米生酒しぼったまんま」


蔵元:木戸泉酒造
千葉県夷隅郡大原町大原7635

酒データ:
●原料米/山田錦 ●精米歩合/60%以下
●アルコール度/16〜16.9度
●日本酒度0〜+2 ●酸度/1.6〜1.8
当店価格:500ml 1207円

                      

>>この蔵の他の商品を見る
加藤ひろみさんの評価

評価として(100点満点で)50点とさせていただきます。
確かに大変特性があり、多分好き嫌いが非常にわかれるお酒ではないかと推察されます。
前回のものよりも尚一層甘みを感じました。肴を何にしてよいか非常に迷う味でした。 あまりにもお酒の味が強調されておりましたので、脂っこいものは全くあいそうになかったし、かといってさっぱり系のものでなにがあうのか考えてもこれはというものが見つかりませんでした。
結局、肴なしが一番よいかとの結論でした。一杯目より2杯目になると、だんだん甘みのせいか、もったりとした感じが更に増していくようでした。
いつもよりスローペースで呑むようになりました。甘酒をのんでいるような舌触りを思い出しました。個人的には、購入しそうに無い種類になるお酒です。香りに関してはとくに可も無く不可もなくというところです。

たまには変わったお酒ということで少量を呑むというのに適しているというのが実感です。
今回は辛口批評になってしまいましたが、ある意味では特性のあるお酒をいただけたという貴重な経験ができたこと有難く思っております。


樋口博美さんの評価

木戸泉の純米生酒しぼったまんまの感想です

1、色つや・香り      6点
2、味わい・口当たり   6点
3、総評
今回は一人で飲んだ感想です
まず常温での感想、今回のが一番いいかも、って感じでした。
純米酒らしくて良いと思いました。

次に冷やして飲んだ感想です。
良い表現で言えば、さらに飲みやすくなった感じ、フルーティーさが感じられる。悪く言えば、やはり水っぽい、なんか薄い、軽い酒だ。


ミスターAさんの評価
@色つや・香り=7点
べっ甲まで行かないが、うっすら山吹色。立香はひかえめ。わずかにセメダインの香と甘い香が混ざる。口に含むと、パイン様の甘い香とセメダイン臭が混ざった香をほんのり感じる。

A味わい・口当たり=8点
生酒であるが、荒れた感じは見られず、まとまり感を感じる。口に含むと最初に感じるのは、口をキュッとしめる酸味。その酸味を中心として、舌の上で余韻のある味わいが感じられる。
フレッシュ・爽快感というよりも、ややとろりとして、まとまり感のある酸味主体のお酒といった趣。冷蔵庫から出して、瓶が汗をかいた頃が、のみ頃か。ぬる燗をつけるも、酸味がやや突っ張る感じを見せ、生酒の勢い(落ち着いた中に感じられるフレッシュさ)が影をひそめ、味わいも重くなって、呑み飽きする様子。

B総評=8点
山田錦・精米60%の山廃純米生で、この価格。特に値ごろ感は無いが、通常の価格帯と感じる。
生酒ながら、荒れた様子は無く、酸味主体に味がまとわりをみせる一方、香も抑え目であり食中酒として、かなり好印象。切れ味は純米酒そのものであるが、生酒・しぼりたてで、ここまでまとまりを見せるお酒は評価したい。酸味を中心に飲ませる他県のお酒(ex凱陣・勝駒・刈穂の山廃番外超辛口など)に通じる魅力を感じる。特に食中酒として、こっとりとした洋食(グラタン)などにも合うだろう。こういうお酒は、和食の範疇を越えて、新しい可能性を見せてくれる。

猿田寿男さんの評価
1、色つや、香り・・・6点
色や香りは、生酒のまさに絞ったまんまのつんとしたものでどちらかというと好きです。

2、味わい、口当たり・・・7点
味は、冷で飲みましたが、はじめはちょっと甘く、これはどうかなと思いましたが、飲み進むにつれて主張が強く感じられ、一気に飲んでしまいました。

3、総評・・・7点
酒は、いろいろな味がありますが、この酒みたいに生原酒(*原酒ではありません)の酒もたまにはいいなと思いました。ただ、はじめちょっと甘く戸惑いましたが、飲むにつれこれはいけるかなという酒でした。

小島潤二さんの評価
1、色つや・香り:6点 
2、味わい・口当たり:6点
3、総評:6点

  
「生酒」によくあるこってりとした感じが少なく、わりと飲みやすいように感じました。ただ、そうはいっても量を飲める感じはしません。どちらかというとこってりした料理を食べるときに、最初1合程度までで飲むと良いのではないでしょうか。少なくとも春の山菜とか刺身とかには合わないように思います。
総合的には可もなく不可もなくという感じで、残念ながらわざわざ購入して飲もうという気にはなりませんでした。

【まとめ】
 今回のお酒は「木戸泉純米生酒しぼったまんま」でした。木戸泉は全量「高温山廃仕込み」という全国で唯一の酒母造りから産み出される個性ある酒です。その個性ある酒がどうモニターの方々に評価されるかが今回のテーマでした。

 思ったとおりに評価は分かれたようです。
加藤さんにはあまりに主張しすぎる酒が受け入れられなかったようです。また自分はそう感じられないのですが、加藤さん猿田さんは甘みが強いと感じられたようです。
いつも厳しい評価の秋田の樋口さんには「純米らしくなかなかいい」といただきました。しかしよく冷やすと水っぽいとも。この辺は小島さんも「生酒のコッテリ感が少なく飲みやすい」といわれています。この酒は生酒ですが原酒ではなく、かといって普通(15度前後)のアルコールより高い16.5度の度数と高く新鮮な酸味がコッテリ感をおさえているのかもしれません。しかしそれが口当たりの爽快さを演出していると思います。ミスターAさんはその辺をよくとらえて下さいました。
 また加藤さんは「酒が強すぎて料理との相性に迷う」といわれましたがミスターAさんは「コッテリとした洋食にも合いそう」と感じています。

 香りに関しては特に指摘はありませんでした。「セメダイン臭」という表現がありましたがこれは鼻のいいミスターAさんならではです。この臭いは発揮性の強いお酒「発泡性のある生酒」や発酵中のもろみなどにも多く見られる臭いだと思われます。いわば炭酸水の臭い、「スー、ツン」とした臭いとでもいうのでしょうか。

 木戸泉は前出の造りから由来する高酸味が特徴で、通常の純米でも酸度2.0〜2.2もあります。全国の純米酒の平均が1.3〜1.7程ですからいかに酸が多いか分かります。またその酸味の中でも乳酸の多さが特出しています。この他の酒にはない味わい成分がどう受け取られるか興味津々でした。私的には日本酒というよりもむしろ辛口の白ワイン(しかも軽い物ではなくシャブリのようなボディの厚い物)に通じる味わいがあると感じています(でも甘いと感じられている人もいるのでそうでもないのかも?)。したがって小島さんのいうように山菜や刺身に合う酒ではなくどちらかといえば洋食向きの日本酒だといえるでしょう。

 全体の評価は以上です。「自分では購入しない」と言う方もいましたがそれも妥当でしょう。蔵の方針は『ワインやウイスキーに通じる酒』を目指しています。和食だから日本酒という観念を脱ぎ、TPOに合わせ洋食でも日本酒が飲めるようにと日本酒の世界を広げてくれます。
前の事例にもどるホームへ次の事例に